シルクロード舞踏館|芸能の庭 » シルクロード舞踏館「芸能の庭」

シルクロード舞踏館「芸能の庭」

2017.06.25 05:50
テーマ : ご利用案内

 

 

1981年に中華街の片隅に、赤い木で縁取られ、通りから中が覗けるガラスばりの舞踏館が誕生しました。

街並みも暮らしぶりも行き交う人も変容して行く中、1993年に余儀なく閉館したが、2001年4月に旧舞踏館のあった隣で再び産声を上げました。

地下1階に作られた今度の舞踏館は、ネイティブ・アメリカンの神聖な場所「キヴァ」を模しています。現地のネイティブ・アメリカン達は屋根から出入りする半地下の「キヴァ」の中で、そこにこもって、そして大地の懐に抱かれ、祭の歌詞を作り、歌を歌い、踊りを習い、お話を聞き、布を織り、瞑想をし、体を清めたりします。

つまり新たなる魂の再生がはかられる場であり、創造の場の空間なのです。ひとつの想いが芽を出し、花を咲かせ、種を宿すまで10年も20年もの長い道のりがかかるものとふまえて、このシルクロード舞踏館の活動を考えたいと思っています。

 

Silk Road Butokan
1981, in the corner of Chinatown, a performing arts center was created with red wood frames and glass windows you can peer into. As the city views, lifestyles, and people changed over the years, the center had no choice but to close down in 1993. But in April 2001, it was revived once again next to the old building.
This new performing arts center was created one level underground, and resembles the “kiva,” the Native American holy grounds. The local natives would go into these half-underground kivas through the roof and stay there, embraced by the land, creating lyrics to ceremonies, singing songs, learning dances, listening to stories, weaving fabrics, meditating, and cleansing the body.

In other words, it was a place where new souls were regenerated, as well as a space where creativity was born. It may take a very long time — 10 years, 20 years — for one idea to sprout, bloom, and bear its seed, but that is how we want our activities to be in the Silk Road Butokan.

 

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


チャイハネ 公式サイトへ
倭物や カヤ 公式サイトへ
Kahiko 公式サイトへ
岩座 iwakura 公式サイトへ
チークラフト 公式サイトへ
Anisha 公式サイトへ
アミナコレクション 会社案内 公式サイトへ
チャイハネ カフェ
おかかのどかん シルクロード舞踏館