【岩座 鎌倉若宮大路店】端午の節句にむけて兜、お祝い品

皆様、こんにちは。
岩座 鎌倉若宮大路店の佐藤でございます。


寒さもようやくやわらぎ、春の暖かさが感じられる日頃となりました。
桜こそ既に散ってしまいましたが、鎌倉地域全体も、
ゴールデンウィークに向けて徐々に活気が出てきている様子が見られます。




さて、四月末よりゴールデンウィークとして連休が数日重なりますが、
特に五月五日の「端午の節句(こどもの日)」は皆様もご存知であるかと思います。
今回はそれにちなみ、端午の節句に向けて新たに入荷しております、お飾り諸々をご紹介させて頂きます。




端午の節句に飾る兜や五月人形は、その昔、鎧や兜は武士の身を守る大切な防具だったとされる事から、
災いがふりかからず幸せに暮らせるよう、男の子の健やかな成長を願って飾るものだと伝わってきました。


当店では、桃の節句の時の雛飾りと同様に、ガラスで出来た「瑠璃兜」や、
ちりめんで構成された「白粋」の童人形、鎧飾りなどをお取り扱いしておりまして、
特に、「白粋」の鎧飾りは、鎧の細かな意匠が白の綺麗なちりめんで再現されている為、
とても趣き深く、色合いは簡素ながら、飽きが感じられないつくりです。



その荘厳さが再現された鎧には、まさに武士の魂が宿っているようで、
男の子が元気に育つように災いから身を守り、健やかな成長を見守ってくれているように見てとれます。


お飾りの他、こいのぼりや兜の絵柄が描かれた麻構成の壁掛けも多数ございます。
初節句のお祝いなどにも適していると思いますので、皆様も是非直接ご覧にいらして下さい。




従業員一同、皆様のご来店を心よりお待ちしております。


岩座 鎌倉若宮大路店

.

.

.