【岩座 横浜ワールドポーターズ店】より悠久のロマン とんぼ玉のご案内

皆様こんにちは。
岩座 横浜ワールドポーターズ店の蛭田です。


先日は横浜でも雪が降り、横浜の冬景色を
間近に感じることができました。
滅多に見られない光景ですので、記念にと
お写真を撮りに来られる方も多かったようです。

まだまだ寒い日が続くようですが、皆さまは
いかがお過ごしでしょうか。


さて本日は、来たる春を思わせる美しさや
精巧さに心を惹かれる、とんぼ玉のご紹介でございます。




とんぼ玉の名の由来は、模様の付いた硝子玉を
とんぼの複眼に見立てて「とんぼ玉」と呼んだことから
だそうで、江戸時代には青と白の花模様の物のみを
「とんぼ玉」と呼んだそうですが、現在では
模様に関わらず「とんぼ玉」と呼ばれています。

手に取ってじっくりととんぼ玉を見ますと、
線の細かさや模様の精巧さ、形のかわいらしさなど、
いつまでも飽きることなく見とれてしまいます。



とんぼ玉は歴史がとても深く、日本では吉野ケ里遺跡から
勾玉と一緒に小型のとんぼ玉が出土していたそうです。
奈良時代や平安時代ごろでは、とんぼ玉に関わることが
できたのは限られた人のみだったそうで、その重要性や
希少性をうかがい知ることが出来ますね。

江戸時代に安価なとんぼ玉が数多く作られるようになってから
庶民にも広く知れ渡り、根付やかんざしなどにも
使われるようになったそうです。


当店でも、かんざしや根付以外にも、
とんぼ玉の単品でのご用意もございます。
革紐と組み合わせて首飾りにしたり、鞄や
携帯電話などに付ける装飾品としてもお勧めです。



是非お手に取ってご覧になり、その美しさと
可愛らしさ、そして日本の歴史の深さを感じてみては
いかがでしょうか。


皆様のご来店、心よりお待ち申し上げております。


岩座ワールドポーターズ店