【民芸追求】縁の下の力持ち!インドの什器達 writing byチャイハネバイヤー 

2019.03.11 18:25

圧倒的な商品数、個性的で元気いっぱいなスタッフ、怪しげな音楽と照明など、多くの要素が異国 情緒溢れるチャイハネのお店を創り出しています。

自分が仕入を担当している内装デザイン用の什器 もその一つ。

チャイハネの什器は、手彫りのレリーフや、色彩豊かな ペイントが彩る棚やテーブル、小さなお皿までお店の演出に関わる もの全てにこだわります。


去年の秋にインドへ仕入に行きました。広大な土地を持つインド では地域によって特色があり、今 回訪れたラジャスターン地域には 什器や家具などを求めて世界中からバイヤーが買い付けにやってきます。

砂漠地帯の郊外に構えたお店に着くと、自分の背丈を優に超える 什器が山積みになり、しかも全然 お店に入りきらず玄関先から溢れ ちゃっている、そんな光景が目の前に広がります。


日差しが強く、激しく雨が降ることもあるインドでは、外に出しっ ぱなしのものは色落ちや変型もひ どかったりします。そんな中でも 損傷が少なく、「これだ!」と思うものに出会えれば迷わずピック!


まるで宝探しのような買い付けを していきます。


選んだ品物がもう生産することができない一点モノのヴィンテー ジだった、なんて言われたときは 宝物を掘り当てたと気持ちが踊ります。

同時に全国のお店に陳列す ることができないことも意味する ので、今度は「どこのお店に置い たら一番いいのかな?」なんてこ とも考え始めます。

こうした什器 が全国にあるけれど、どのお店に 行っても新しく感じ、それぞれ顔 の異なるチャイハネのお店作りに 一役買っていたりします。

商品をさらに素敵に演出し、ワクワクする空間を創る縁の下の力持ち 的な役割ですが、どれも心を込めて選んできています。

お店の中を見回 したり、商品を取ろうと手を伸ばし たその先に、「あれっ、面白い!可愛い!」と思うような什器を見つけることができるかもしれませ ん。是非観察してみてください。


遊びに来る皆様が楽しんで頂ける、そんなチャイハネのお店を目指してこれからも魅力的な什器を仕入れていきます。

仕入部 志水優太

«3月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31