2017.10.06
冬の新作 『チャイハネ飛行郵便 』 ☆11月号☆10/6(金)より配布!
2017.10.06
改装SALE開催中☆横浜駅直結!【横浜ベイクォーター店】 11/19(日)まで!!BAY QUARTER
2017.10.02
【チャイハネ苫小牧店】RENEWAL OPEN!2017.10.20☆改装SALE開催中!
2017.09.29
【チャイハネ】新会員制度「アンケート」キャンペーンにご参加頂いた皆様へ
2017.09.22
【NEW OPEN】チャイハネイオンモール岡山店☆9月29日(金)OPEN!
2017.09.15
【チャイハネ】秋を彩る新商品がぞくぞくデビュー!2017AUTUMNフェア開催☆9/16(土)~オリジナルBAGプレゼント!
2017.09.15
【チャイハネ】おシャレは足元から!シューズフェア開催☆期間限定スペシャルプライスも!
2017.09.15
【チャイハネ】公式 Instagram スタート!
2017.09.08
横浜【ノースポートモール港北店】 リニューアルOPEN☆9/15(金)
2017.09.08
【チャイハネ】地球を旅するフォトコンテスト開催!9/8(金)~10/31(火)

自分たちの手でつくる森の長城

2014.05.30 01:00
テーマ : 旅のコラム

148murakami

 

 

2013年6月9日、「森の長城プロジェクト 宮城県岩沼市 千年希望の丘植樹祭」に参加してきました。

 

アミナコレクションメンバーは、宮城・東京・神奈川・静岡・広島在住の本社スタッフ、自店のチャイハネ仙台名取店・イクスピアリ店・浜松店・磐田店・カヤ仙台名取店スタッフ、統括ファミリー、仙台名取店と磐田店のお客様の総勢28人。

 

今回の植樹祭ボランティア枠3000名のところ、約4500名の参加があり、それはそれは大規模なイベントとなりました。

実際NEWS ZEROのアナウンサーチームや歌手の倉木麻衣さん等の著名人も参加され、ステージイベントもありでまさに植樹「祭」でした。
「森の長城プロジェクト」とは、細川護煕元首相と植物生態学者の宮脇昭先生を中心に活動されている公益財団法人です。

mori760_2

このプロジェクトは青森~福島の津波被害にあった東日本の海岸沿いに、震災がれきと土を混ぜて盛り土を作り、そこに土地本来の植生である照葉樹の苗を植えていきます。

15~20年かけて苗は生長し、森となる。そしてその森は津波からいのちを守る立派な森の防潮堤となる。ステキ!

 

処分方法が問題視されているがれきも有効利用できるし、防潮堤といってもガチガチのコンクリート要塞でもないし、森となるので鳥や動物、人も集まる。

防風林・防砂林となる。

雨が降れば養分たっぷりの地下水が海へ流れ、豊かな恵みを産む。
なぜ松ではなくいろんな木を混在させるのか、それには意味があります。

松は根が浅く根こそぎ流され、先の震災では波と共に凶器となってしまいました。

 

津波にも耐えた木を選び混在させることで、根を深く張り、津波の力を半減させ、引き波からもいのちを守るのだそうです。
今回植えた木は17種。タブ・シラカシ・アカガシ・ウラジロガシ・スダジイ・モチノキ・ネズミモチ・トベラ・アオキ・シャリンバイ・マサキ・ヤツデ・ヒサカキ・シロダモ・アラカシ・山桜・ヤブツバキ。

聞いたことない名前がいっぱいありますね。

山桜とかいいですね~。

早くおがれ~(宮城の方言で、育て~)。
宮脇先生はなんと85歳。

世界1700箇所以上で森の再生に取り組んできて、今もなおボルネオまで植樹しに行っちゃうという大変パワーのある先生です。

あと30年は木を植えていくってインタビューを読んで驚きました。

miyawakisensei

実際、来賓に大臣などお偉方もたくさん来ていたのですが、宮脇先生は臆することなくグイグイ指導されていました。

岩沼植樹祭20130609-041

自然に負けじと、本当に力あふれる方です。

 

 

ここで植樹参加に興味が出てきた方へ植え方をカンタンに説明します。

用意するものは軍手とスコップと長靴。

みんなわりと軽装でした。長靴履いてなかったかも。

 

まずは苗木を水に通し湿らせます。

みんなで手分けして約60センチ間隔の三角形に配置しながら、ポットより若干大きめの穴を掘り、苗木を移し、そっと土を寄せます。

IMG_2202

 

IMG_2205

 

 

植えたら苗の周りに藁(わら)を敷き詰めます。

藁は雨で土砂が流れるのを防ぎ、肥料となり苗木を守る役割があります。

岩沼植樹祭03

 

しょくじゅ 003

 

 

そして風で藁が飛ばないように縄を張ります。

これだけ。

あとはいっぱい植えよう!

植え終わったら記念の木札にメッセージを書いて願いを込め、自分の植えた木に添えてあげましょう。

岩沼植樹祭02

 

 

 

岩沼周辺の海にはよく遊びに行っていました。

朝市に行ったり、夏は花火をしたり、スタッフと一緒にお散歩したり……。

なにもなくてもとりあえず海で遊んでいました。浜っ子だったもので。

海大好き、というよりかは、常に近くにある遊び場でした。

 

 

あんなことがあっても、海が恋しいです。

久しぶりに見た海は何事もなかったかのようでした。

ただ周辺だけが何も無い。

がれきもキレイにまとめられていて、裸の土地が広がっています。

自分の記憶の中の海とは全然違う場所のように思えます。

 

 

二年たった今でも、やっと片付いたという印象で、手付かずの場所もまだあります。

だけどそんな場所に森ができたら、何年かかってもいいから、その景色に緑が加わるだけでだいぶ変わりますよね。

家族でお散歩もできますよね。

悲しかった記憶も、徐々に薄れていけばと願います。

 

津波から守ってくれる、強い森。

自然と共に復興を続けていこうというプロジェクトに共感しました。

 

アミナコレクションの理念であるフォークロア、その核になる「自然と共に歩む」人々と、このプロジェクトとでは繋がるところがあります。

IMG_0795

 

わたしたちアミナコレクションは「SMILE for JAPAN」という復興支援プロジェクトを震災後すぐに始め、チャリティー商品の販売額全額寄付や、一定期間のお客様お買い上げ金額の5パーセント寄付などを行ってきました。

そしてこれからも息長く継続していきます。
5月2日の宮城県荒浜植樹祭にも自店スタッフと太田店スタッフ、チークラフト店舗スタッフ、そしてBOSS(アミナコレクション会長)が参加。

6月30日の二度目の岩沼植樹も自店スタッフが参加してきました。

わたしもできる限り参加していくつもりです。

title960_2

 

震災直後はお客様に逆に元気を頂いてしまいました。

被災してもなおチャイハネに足を運んで頂いたり、再度インテリアを買いなおしに来てくれたり、本当に嬉しかったんです。ありがとうございます。

恩返しをしたいと強く思っています。

今回遠方から参加してくれたスタッフも、少しでも何かできないかという想いをずっと持っていて、はるばる東北まで来てくれました。ありがとうございます。

行動に移してくれることが嬉しいです。
次の植樹は10月6日に福島県南相馬市で予定しているそうです。

詳しくは森の長城プロジェクト公式サイトで発表があります。

その他にもどんぐり拾いの企画も予定しているそうです(このどんぐりから苗木を育てます)。

 

 

もし、少しでも興味が湧いたなら是非参加してみて下さい。

自分の植えた木が何十年とかけて生長し、被災地を守る防潮堤となる。

大事な人と一緒に植えたらとても良い思い出となるはずです。

 

 

植樹ついでに東北旅行もいいですよ。

その際はぜひチャイハネ&カヤ仙台名取店にも立ち寄って声をかけてくれたら嬉しいです。

 

岩沼植樹祭20130609 132

 

 

 

 


民芸追求148号掲載 発行:2013年7月20日

村上 真生 チャイハネ 仙台名取店

チャイハネ スタッフブログ

FROM THE WORLD「出張レポートなど世界中から」

さすらいねこ おかかのブログ「おかかのどかん」更新中

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
チャイハネ 公式サイト ネパール復興支援Pray For Nepal ブログ更新中 ネパール復興支援Pray For Nepal 復興支援報告